チーズチキンカツ丼

先日に引き続き・・・・・

昨夜のご飯も、私流親父の手料理でした。

それも・・・息子からもリクエストのあった・・・・

私のレパートリーの中でも人気のメニュー・・・・

その名も「チーズチキンカツ丼」です!


CIMG4919.jpg








ま、簡単に言えば、とんかつじゃなく、チーズチキンカツを使ったカツ丼ですわね。

で・・・・

チーズチキンカツって言われると、とってもハードルが高く感じるでしょう。

事実、これを自分で揚げて・・・なんて考えたら、私には無理かな。

いやいや・・・

できるかもしれません。

いえいえ・・・・

きっとできるでしょう・・・・時間とお金をたっぷり使えば。

けれど・・・

私がカツまで上げていたら、時間がいくらあっても足りないし・・・。

カツを上げた後の台所は、きっと悲惨な状態になっていることでしょ。

そこを片づけて、掃除して・・・・

それから丼作りに入ったら、時間ばかりかかってしまいますよ。

でも・・・

このチーズチキンカツ・・・

あの西友のお惣菜売り場で売っているんです。

我が家でも人気なんですよ。

いつも、このブログでも書いていますが、私流親父の手料理は、簡単で手間いらず、しかもそれなりに美味しい・・・がポイント。。

もちろん、料理人が作れば・・・

料理人でなくても、料理の好きな人が作れば・・・

私が作るものよりも、もっともっと美味しいものが、簡単にできるかもしれない。

いやいや・・・

できるでしょう。

でも・・・・

料理人や、料理好きの人にとって簡単なことでも、私にとってはハードルの高いものの方が多いんですよ。

ここで言う、簡単・・・とは、私のような料理の本当に素人でもできる料理のこと。

だから、難しい名前の材料や、簡単に手にはいらないような材料は使いません。

そのへんのスーパーで、簡単に買えるような材料しか使いません。

それに・・・

料理方法も、難しいことはしません。

できるだけ、手抜きできる料理・・・それが基本です。

さらに・・・

短時間でできることも重要な要素です・・・私にとっては。

手間がかかる料理は、簡単な工程でも、めんどくさくなってしまい、再度作ることはなくなると思います。

ちゃちゃっとできる・・・これ、私にとってとても重要なことなんです。

ただでさえ、料理に対しては段取りが悪くて、手惑うことが多いんですよ。

それはなれないからだよ・・・って言われそうですけど、私にとって段取り良くって難しいことなんです。

もちろん、仕事上では、段取り良くこなすことが求められるのは当然なので努力していますが、料理では、いつももたついてしまうんです。

それでも、丼ものなんかは、かなり手際よくできるようになったと、自分では思っているんですよ。

たぶん、それは、本を見なくてもできるようになったからかと思いますけどね。

さらに・・・

それでいて・・・・

それなりに・・・

それなりにですよ!

それなりに美味しいこと。

これが、私流の親父の手料理なんです。

だから、このチーズチキンカツ丼も、カツは自分で揚げません。

できているチーズチキンカツを買ってきて、それを切って使います。

しかも・・・・

元となる・・・

ベースとなるつゆは、一昨日のきつね丼も、以前作った親子丼も同じ。

同じものの使いまわし。

これならば、私でも覚えられるから。

毎回、本を読みながら作るんじゃ大変だからね。

このチーズチキンカツ丼も、まずは、水・・・・水ですよ・・・水・・・

だし汁や日本酒を使うと、きっと、もっと味に深みが出るでしょうが・・・

私は水をベースにしています。

その水を150mlに、醤油50ml、みりん同じく50ml、砂糖50gを入れて、砂糖を溶かしながら一煮立ちさせます。

一煮立ちさせたところで、火を止め、常温までさましておきます。

CIMG4915.jpg

つゆがさめた頃を見計らい、たまねぎを一人分1/8個くらいを目安に細くきり、先に作っておいた丼つゆを、お玉1~2杯と一緒に入れて火にかけます。

CIMG4916.jpg

たまねぎが、適度に柔らかくなり、味がしみこみ始めた頃に、一口サイズにきったチーズチキンカツを入れて、つゆを少しうえからかけ足し、少し温めます。

CIMG4918.jpg

そして、卵(一人分、一個半位)をよく溶いて、注ぎ込み、弱火にして、蓋をして少し待ちます。

CIMG4917.jpg

卵が、好みの固さに固まったら・・・


ごはんの上にのせて出来上がり・・・。

ね・・・・

基本的には、一昨日作ったきつね丼と同じでしょ。

もちろん、味も殆ど同じ。

でも、美味しい。

だから許されるんです。

かみさんも、子供もご機嫌。

昨夜は、ハイボールと一緒にいただきました。

CIMG4919.jpg

ちょっとしたご馳走ですよ・・・我が家にしたら・・・・。

で・・・・満足!!!

ご馳走様でした!!!

さてさて・・・

次回は何を作ろうかな。

お楽しみに。


この記事へのコメント