カレーライス


今夜もかみさんが仕事なので・・・親父の手料理・・・


今夜は簡単なもので済まそうかな・・・って思っていたら・・・


「今夜はカレーが食べたい!」ってリクエストが出てしまった。


うひゃー頑張ろうかなって。


というわけで・・・・今夜はカレーライスを作りました。


カレーライスは、なぜだったかは忘れてしまいましたが、かなり前から、私が作るものと、我が家ではなっていました。


たぶん、かみさんが忙しい時や、私が休みの時に、なにかご飯を代わりに作ろうかと思った時、カレーライスくらいしかできなかったからだと思うのですが・・・・。


カレーライスは、こどもの時に、飯盒炊飯と一緒に作ったのが最初の記憶かな。


それ以後、大人になって、家庭を持ってからも、キャンプの時等によく作っていましたよ。


あ、そうそう・・・・


キャンプの時には、これでも、けっこう手の込んだアウトドア料理を作ったりもしたんですよ。


でも、家ではほとんどしませんでしたがね。


でも・・・・


カレーライスは、我が家では、いつのころからか、父ちゃんの料理・・・となっていました。


私も、楽しんでいたのかな。


で・・・


そのカレーライスを、今夜は作りました。


CIMG5016.jpg

























このところ、丼ものに凝っていたので、カレーライスは、そういえば久しぶり叶って気がしています。

でも・・・

息子夫婦が我が家に来た時には、いつも、カレーライスかお好み焼きのどっちかだね・・・って、先日言われましたがね。

そのカレーライス・・・・

私の親父の手料理の基本は、毎回いうようでうですが・・・

大雑把で手軽・・・・そして、そこそこ美味しい!!!

もちろん、カレーライスも同じですよ。

カレーライスというと、やたらと香辛料とかにこだわったりする方っていますよね。

それはそれで美味しいと思いますが・・・

私のカレーライスは、けっしてこだわっていません。(自慢できることではないですね・・・すみません!)

作り方の基本は、カレールーの箱に書いてある作り方。

カレールーも、市販のものを使います。

我が家は、このゴールデンカレーがお気に入り。


CIMG4991.jpg

時々、別のルーも使いますし、気分で、他のルーとブレンドすることもありますが、あくまでも気分で決めています。

CIMG4990.jpg

ただ、我が家の次男坊は、まだ辛いカレーが苦手なので・・・・

このゴールデンカレーの甘口は、甘口だけでも、大人も満足できる味ですよ。

長男の家族が来た時も、孫がいるし、嫁さんも辛いのが苦手なので、甘口だけで作ります。

しかし、最近では、我が家の3人だけで食べる時には、甘口と中からの2種類を半々で入れて作ります。

次男坊も、最近では、ちょっとだけ辛口でも食べられるよになったのでね。

入れる具は、家にあるものを適当に入れます。

ただし・・・・

玉ねぎだけははずせません!!!

こだわっているわけではないのですが、玉ねぎが、カレーライスの味の決め手だと思っているので・・・。

今夜のカレーライスは、玉ねぎとなす。ピーマンなどの家にある野菜と、鳥のむね肉。

本当は、ニンジンとジャガイモも入れたかったのですが、残念ながらストックが無かったので、あきらめました。

さて・・・・

我が家のカレーの作り方は・・・・

先にも書いたように、基本はカレールーの箱に書いてある作り方なんですが・・・

そこに、以前読んだ本の内容で、今でも記憶していることがあるので、それを合わせて作っています。

まず、私は材料を全てカットしてしまいます。

玉ねぎに・・・・

CIMG4971.jpg

ナスに・・・

CIMG4972.jpg

ピーマンに・・・

鳥のむね肉・・・。

CIMG4979.jpg

どれも、切り方は適当。

あえて言うなら、一口大の大きさなら、どんな形でもよし!!!

こだわる方は、切り方にもこだわりがあるんでしょうが、私は、食べやすければどんな形でも気にしません。

材料を切り終えたら・・・・

鍋に油をひき熱します。

この場合も、ものの本によれば、油をひいてから熱する・・・という本と、熱したフライパンに油をひく・・・と書いてある本があると思うんのですが・・・

本当なら、それぞれ意味があるんでしょうが、私はこだわりません。

だから、手軽な方をとって、油をひいてから熱します。

鍋が熱くなったら、まずは玉ねぎを入れて、よーく炒めます。

CIMG4977.jpg

カレーの作り方にこだわらないと言いましたが、以前読んだ本によると、この玉ねぎの炒め方によって、カレーの出来上がりが左右される・・・と記憶していて、この玉ねぎを炒める時だけは定年い、しっかりと炒めます。

火は、できるだけ弱火で・・・・・。

焦げないようにじっくりと・・・・。

ただ、時間がない時には、ちょっと火を強くして、時間短縮する時もありますがね。

玉ねぎが、うすい飴色になるくらいまで、じっくりと・・・。

今日は、中~弱火で30分ほど炒めました。

すると、こんな感じかな。

CIMG4981.jpg

炒めた玉ねぎの中に、別のフライパンで軽く火を通しておいたお肉を加えて、少し炒めます。

次に、残りの野菜を全部入れ・・・・

CIMG4983.jpg

良くかきまぜたら、指定の量のお水を入れます。

CIMG4982.jpg

この、肉や野菜を入れる順番も、本当は、良い順番があるのかもしれませんが、私はこだわりません。

この後、30分くらい(具材にしっかりと火が入るまで・・・)ゆでるので、どの順番に入れても同じじゃない!!!

って思っているのでね。

水を加えて、沸騰したら、あくを取ります。

このあく取りも、丁寧にやるのと、やらないのでは、味が変わってくると、何かの本で読んだ気がするので、できるだけ丁寧に、あくは取るようにしています。

あとは、具材が柔らかくなるまでにこんで・・・・

ここで、また一つ。

カレーのルーを入れる時には、火を止めます。

CIMG4984.jpg

火にかけたままだと、カレーのルーが溶けにくいと、やはり以前読んだ本か何かに書いてあったような気がするので、私はそうしています。(カレーのルーの箱にも、火を止めてからルーを入れると書いてあったかな・・・。)

ルーがしっかりと溶けたら、もう一度火にかけて、5分~15分程度、煮込みます。

CIMG5009.jpg

すると、カレーにとろみが出てきます。

とろみが出てきたらできあがり。

私は、1日たったカレーが好きなのですが(長男坊は、作った翌日のカレーは食べませんが・・・)、作った後、一度冷ましてから、再度熱を加えると、作ったその日でも次の日のようなカレーになると、これも以前に読んだ本に書いてあったので、冷めるまで待つわけではないのですが、一度火を止め、食べる前にもう一度温めなおすようにしています。

これが、今日のカレーライスです。

CIMG5014.jpg

夏野菜のカレーは、(特に、今日はニンジンも入っていないんので・・・)なんとなく地味に見えますが、味は抜群でした。

家族も、みんな、「うめー!!!」と、喜んでくれました。

今夜は、晩酌のハイボールも付けて、美味しいひと時を過ごしましたよ。











この記事へのコメント