ハッシュド・ポーク

今回ご紹介する親父の手料理は・・・・


なんと、洋食ですよ・・・洋食。


しかも・・・


おしゃれ(?)な料理が、超お手軽にできちゃうんです。


その名も・・・「ハッシュド・ポーク」。


え???


ハッシュド・ビーフなら聞いたことあるけど???


そうです。


そのハッシュド・ビーフのビーフ・・・つまり、牛肉の変わりに豚肉で料理したもの・・・なんです。


けれど、本当のハッシュド・ビーフは、ワインやフォンド・ボーなど、手の込んだ料理なんですが、このハッシュド・ポークは、ケチャップやソースで作る、「ハッシュド・ビーフもどき・・・」なんです。


だから、めちゃ簡単。


でも・・・うまい!!!



CIMG6696.JPG
















お手軽材料だけ



この「ハッシュド・ポーク」は、本当に、冷蔵庫の中にあるような、お手軽な材料しか使いません。


使うのは・・・(一人分)


豚肉(しゃぶしゃぶ用の肩ロースがベストだそうですが・・・我が家は豚ばら肉で作りました。)を80g程度


玉ネギ、1/4個


バター


調味料(A)は・・・


トマトケチャップ 大さじ2


中農ソース 大さじ1


顆粒スープ(コンソメ)小さじ1/3


コーヒー用ミルク 1


私は、コーヒー用ミルクの在庫がなければ、牛乳で代用します。


塩・コショウ 少々


それにあたたかいごはん。


その他・・・


あれば・・・パセリのみじん切りを少々


これだけです。


特別な材料は、一つもないでしょ。



CIMG6695.JPG










手軽に作れます!




作り方も、ごくごく簡単なんです。


1.たまねぎは5cm幅くらいに切り、肉は食べやすい大きさにしておきます。


2.フライパンを熱し、場あーを入れて、たまねぎと豚肉を入れ、玉ネギがしんなりするまで炒めます。


(豚肉に日が入りすぎるのが気になる肩は、まず玉ネギだけ、しんなりするまで炒め、それから豚肉を入れて、適度に火が通るまでいためてもいいですよ。私は、そうしています。)


CIMG6686.JPG


3.肉と玉ネギに火が通ったら、Aのトマトケチャップ・中農ソース・顆粒スープ・コーヒー用ミルクを混ぜ合わせたものを入れて、水分を飛ばすような感じで炒めます。


CIMG6688.JPG


4.塩コショウで味を調えます。(これは好みです。)


5.温かいご飯の上に乗せ、パセリのみじん切りを振り掛けて出来上がり。


CIMG6690.JPG


どうですか???


簡単でしょ!!!


「ハッシュド・ポーク」なんていわれると、「こりゃ難しそうだな・・・!」って思うかもしれませんが、これは超超お手軽です。


難しいことは何もありません。


私でも、すぐにできました。


調理時間も、15分程度。


材料さえあれば、すぐにできちゃいますよ。













ご飯が進む!!!




この「ハッシュド・ポーク」は、はっきり言って、味は濃い目です。


薄口が好みの肩には、この分量では、ちょっとしょっぱいかもしれません。


濃い口が好みの方には、もう、ご飯が進んじゃいます。


少量で、ご飯がどんどん食べられちゃいます。


また、ビールやハイボールなどにも良くあいます。


手軽に出切る洋風料理です。


お子様や、若者には好評をいただける一品ではないでしょうかね。


是非、親父は洋風料理もできるぞ・・・と言うところを見せてあげてください。


もしかしたら、お子様から・・・「お父さん、オッシャレー!」なんていってもらえるかもしれませんよ。


手軽で簡単。


しかも、すぐできて美味しい・・・


「ハッシュド・ポーク」を、是非1度、お試し下さい!!!